ホームサービスメニュー制度関連助成金 > 金沢助成金情報【職場定着支援助成金(介護福祉機器助成コース)】


職場定着支援助成金(介護福祉機器助成コース)


平成29年4月1日から制度が変更となりました。
介護福祉機器等助成は、介護福祉機器助成コースに改称しました。

概要

介護事業主が介護福祉機器等の導入等を行って介護労働者の離職率の低下に取り組んだ場合に助成されます。

主な支給要件

①介護福祉機器の導入・運用に関して、介護事業主は以下のことを行う必要があります。
・介護労働者の労働環境を向上させるための介護福祉機器の導入・運用計画を作成し、
  労働局長の認定を受ける。
・認定された介護福祉機器を導入し、導入したときの効果を把握する。

②介護福祉機器の導入・運用に対する介護労働者の目標達成に関して、事業主は以下のことを行う必要があります。
・認定を受けた介護福祉機器を導入、運用する。
・介護労働者の離職率を目標値以上に低下させる。
  導入1年後までの離職率が導入・運用計画提出前1年間の離職率に比べて目標値以上に低下する。
  (目標値は社員数により変わります。)

※その他の条件があります。

助成金額

① 介護福祉機器の導入・運用助成:
  ・介護福祉機器の導入費用(利子を含む)、
  ・保守契約費、
  ・機器の使用を徹底させるための研修
  以上の合計額の25%を助成(上限150万円)
② 目標達成助成 :
  ・介護福祉機器の導入費用(利子を含む)、
  ・保守契約費、
  ・機器の使用を徹底させるための研修
  以上の合計額の20%を助成(上限150万円)

詳細

厚生労働省の詳細ページはこちらから

教育研修関連助成金一覧に戻る



質問、お問い合わせ
その他ご相談はこちらから

相談の流れ

料金

運営者情報

金沢助成金補助金活用センター

中小企業診断士_佐々木経司

中小企業診断士
佐々木 経司 ブログ
日本・北陸の経済状況等を更新しています。



中小企業診断士業務を行う迅技術経営_Facebookページ

迅技術経営の中小企業診断士・社会保険労務士が、当社の近況やセミナー情報、求人情報等を発信しています。