ホームサービスメニュー採用関連助成金 > 金沢助成金情報【特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)】


特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)


旧「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)」です。(平成29年4月1日名称変更)

概要

高年齢者や障害者など就職が特に難しい人を、採用して雇用し続ける事業主に対して助成されます。
「就職が特に困難な者の雇用機会の増大を図ること」を目的として設けられています。

主な対象労働者

雇入れ(入社日)の日において満65歳未満の人に限ります。

重度障害者等以外の者で、
 ・60歳以上の者
 ・身体障害者
 ・知的障害者
 ・母子家庭の母等
 ・父子家庭の父(児童扶養手当を受けている人に限ります)
 ・その他
 ※紹介日に失業中の人(雇用保険の被保険者でない人)

重度障害者等で、
 ・重度身体障害者
 ・身体障害者のうち45歳以上の人
 ・重度知的障害者
 ・知的障害者のうち45歳以上の人
 ・精神障害者
 ※通常の労働者(短時間労働者以外の労働者)として採用する場合には、ハローワーク等から紹介を受けた日に在職者(雇用保険被保険者)であっても対象労働者となります。
 ※短時間労働者とは、1週間の労働時間が20時間以上30時間未満である労働者のことです。

主な支給要件(事業主)

・ハローワークまたは民間の職業紹介事業主などの紹介により雇い入れる
・雇用保険の手続きを行う(雇用保険の「一般被保険者」として雇い入れる)
・ずっと雇用し続けようと思っている

助成金額

短時間労働者以外の者…
 ・高年齢者(60歳以上65歳未満)、母子家庭の母等
     …60万円(助成対象期間1年。半年ごとに30万円が2回に分けて支給されます。)
 ・重度障害者等を除く身体・知的障害者
     …120万円(助成対象期間2年。半年ごとに30万円が4回に分けて支給されます。)
 ・重度障害者等
     …240万円(助成対象期間3年。半年ごとに30万円が6回に分けて支給されます。)
短時間労働者…
 ・高年齢者(60歳以上65歳未満)、母子家庭の母等
     …40万円(助成対象期間1年。半年ごとに20万円が2回に分けて支給されます。)
 ・重度障害者等を含む身体・知的・精神障害者
     …80万円(助成対象期間2年。半年ごとに20万円が4回に分けて支給されます。)

※短時間労働者とは、1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である労働者のことです。
※中小企業に対する助成額となります。
※その他の条件があります。

POINT!!

ハローワークを通じて雇用した場合、ハローワークから「この助成金を申請しませんか」という趣旨の通知が来ます。
ハローワークを通じて雇用した場合は、ハローワークに問い合わせすると、その後の申請手続きがスムーズに進みます。

詳細

厚生労働省の詳細ページはこちらから

採用関連助成金一覧に戻る



質問、お問い合わせ
その他ご相談はこちらから

相談の流れ

料金

運営者情報

金沢助成金補助金活用センター

中小企業診断士_佐々木経司

中小企業診断士
佐々木 経司 ブログ
日本・北陸の経済状況等を更新しています。



中小企業診断士業務を行う迅技術経営_Facebookページ

迅技術経営の中小企業診断士・社会保険労務士が、当社の近況やセミナー情報、求人情報等を発信しています。